科目名 芸術学B(Philosophy of Arts B)
担当教員 小川 真人
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 前期
科目概要
各学生が専門とする領域との関連を意識しつつ、芸術学の応用的な知識・理論について講義する。1年次必修の芸術学Aを踏まえた上で、さらに文化的教養を深めていく。
到達目標
現代のメディア芸術の領域で活動していく上で、より実践的な知識・教養を習得し、芸術学の応用的な理論を説明できる。
授業内容
この講義は、一年次の芸術学の勉強を一歩進めて、文化的教養を深めようとするものです。写真表現や映像表現との関連を意識しつつ芸術学の基礎教育的な知識や理論を習得することを目標とします。
授業計画
1.導入
2.メディア芸術の動向
3.海外メディア芸術の近況
4.複製と反復の芸術学
5.サウンドとビジュアルの芸術学
6.ドキュメンタリーと芸術
7.旅と芸術
8.生活と芸術
9.シュルレアリスム
10.建築芸術論
11.廃墟論
12.性格表現論
13.先端メディア芸術表現
14.メディア芸術の展開
15.本年度のまとめ
履修上の注意
毎回かならず出席をとります。
遅刻欠席をしないようにしましょう。
準備学習(予習,復習について)
予習については次回授業テーマの関連文献の読解とします(60分)。
復習については授業配布プリントを見直して、作品表現や主題内容を確認することとします(60分)。
試験方法
試験は60分程度の筆記試験です。
成績評価方法
学期末試験成績50%、平常点(リアクションペーパー回答状況など)50%。
教科書等
学期末試験と平常点(レポート等)を総合的に勘案して成績評価します。
課題のフィードバックは、興味深い回答例などを授業で紹介し講評することをもってかえます。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/202710.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}