科目名 日本・東洋美術史B(History of Oriental and Japanese Art B)
担当教員 石川 健次
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 前期
科目概要 近世以降の日本・東洋美術を対象とし、さまざまな芸術作品とその背景を概観する。その独特の美意識や文化の深層を探るとともに、現代社会とどのような関わりを持つかについて学ぶ。
到達目標 近世以降の日本・東洋美術の流れを説明できる。また、学んだ知識を自己の研究や芸術表現において活用することができる。
授業内容 科目概要、授業計画を参照
授業計画 最初の授業(ガイダンス)のなかで詳述するが、全15回を概観すると、おおむね次のような進行となる。

1、ガイダンス(江戸時代とは?)
2、狩野派の君臨
3、狩野派の衰亡と功罪
4、琳派・前編~俵屋宗達から尾形光琳へ
5、琳派・後編~酒井抱一と鈴木其一
6、円山四条派~円山応挙、呉春
7、前半を終えて~まとめ&小論文
8、奇想の画家・前編~若冲を中心に
9、奇想の画家・後編~蕭白を中心に
10、文人画~池大雅、与謝蕪村、渡辺崋山を中心に
11、禅画(あるいは、江戸時代の彫刻)
12、浮世絵・前編
13、浮世絵・後編
14、洋風画
15、まとめ&試験

*上記は予定であり、授業の進行状況など諸事情によって変更する場合がある。また、授業の中で、随時、簡単な小論文や小テストを実施する。
履修上の注意 最初の授業(ガイダンス)のなかで触れる。そのため、ガイダンスには必ず出席してください。
準備学習(予習,復習について) 授業では毎回、レジメを用意する。そのため、特別に参考書などを用意する必要はないが、日ごろから日本美術史(特に江戸時代の美術)に関心を抱き、関連の図書を読むなど授業と合わせて知識を蓄えてゆく工夫を心がけてほしい。
試験方法 主に小論文の形式で行う。詳細はガイダンスの時に触れるが、単に知識を問うなどの試験ではなく、自ら考え、自身の言葉に置き換えて書くなど、記述式の試験が中心となる。
成績評価方法 授業時間内に随時実施する「小論文・小テスト」を評価の対象とするほか、最終授業で行う「まとめ&試験」の結果を重視する。
教科書等 教科書は指定しない。授業のつど、概要をまとめたレジメを配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/202750.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}