科目名 上級英語III(Advanced English III)
担当教員 橘野 実子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 上級英語Ⅱの既修者、もしくは同程度の英語力を有する学生を対象として、特に聴衆に対して情報を伝えたり、自分の考えを説明することのできる「プレゼンテーション能力」を養成する。プレゼンテーションのさまざまなスタイルを知り、実際のプレゼンテーションやスピーチを資料にして学ぶ。また、プレゼンテーションに必要な語彙や文法、そして英語力の基礎となる読解(多読、精読)も随時取り上げて学習する。 
到達目標 英語によるスピーチ、プレゼンテーションを理解し、それについて議論することができる。また、自分の作品もしくは考察・提案などを、英語で発表することができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 前期<ディスカッション演習(アカデミックプレゼンテーション)、スピーチ分析>
(1)ガイダンス
(2)Unit 1: Getting Started: Organizing a presentation. Contents of an introduction.
(3)Unit 1: Useful language and vocabulary
(4)Unit 2: Getting Started 2: Using prepositions
(5)Unit 3: Making a Good Impression: Posture and eye contact
(6)発音とリズム(1)、Unit 4: Making a Good Impression 2: Using gestures
(7)スピーチ分析
(8)Unit 5: Making Your Points: Different types of presentation. The body section of a presentation.
(9)Unit 5: How to organize your information
(10)Unit 6: Making Your Points 2: Vocabulary building
(11)多読<様々なReading>、Brainstorming about presentations
(12)Unit 7: The Visual Story: Types of visual aids.
(13)Unit 7: Describing a picture
(14)Preparing visual aids、Writing draft of the presentation、発音とリズム(2)
(15)まとめと前期プレゼンテーション

後期<プレゼンテーション演習(作品プレゼンテーション)、ディベート演習>
(1)前期プレゼンテーションフィードバックと復習
(2)Unit 8: The Visual Story 2: Describing a graph
(3)Unit 9: The Visual Story 3: Using bullet points
(4)Unit 10: Being Understood: Using your voice. Intonation groups
(5)Unit 11: Begin Understood 2: Sentence stress. Saying numbers.
(6)Writing draft of the presentation、発音とリズム(3)
(7)Unit 12: Concluding Your Message: Organizing your conclusion. Contents of a conclusion
(8)個人練習、Unit 13: Concluding Your Message 2: Concluding phrases. Prepositions.
(9)リハーサル、Unit 14: Taking Questions: Asking and answering questions
(10)In-Class presentation
(11)Oral Communication Festival
(12)Feedback
(13)ディベート演習(1)
(14)ディベート演習(2)
(15)まとめと後期レポート提出
履修上の注意 ・必ず予習・復習をして授業に臨んでください。準備をすること、振り返ることが英語力向上に役立ちます。
・英語は積み重ねの科目ですから、継続的積極的な参加が非常に重要です。
・12月の土曜日に行われる学外のプレゼンテーション発表会への参加を推奨しています。詳細は初回授業で説明します。
・「英語基礎」と同時に履修することはできません。
準備学習(予習,復習について) ・授業内で指示された部分の予習をしてください。プレゼンテーション作成の際は特にじっくり取り組むことが求められます。早めに準備に取り掛かりましょう。
・予習(語彙や表現の確認とreading)に1時間程度、復習(学習事項の確認と練習問題)に1時間程度かかります。
・多読については授業外でも読むことが勧められます。積極的に英語の本を読んでください。
試験方法 前期はアカデミックプレゼンテーション、後期は作品プレゼンテーションを実施します。またプレゼンテーションについてのレポート課題を課します。この他に、学外プレゼンテーション、提出物、授業への参加度も評価対象とします。 
成績評価方法 ・前期プレゼンテーション、後期レポート、後期プレゼンテーション、学外プレゼンテーション、授業への積極的な参加、提出物によって総合的に評価します。
・プレゼンテーションに対しては教員と履修学生からフィードバックを実施します。
・前期・後期それぞれ出席が2/3に満たない場合は単位認定をおこないません。
教科書等 『English Presentations Today』(アクティビティで学ぶ英語プレゼン術) ポンド・クリストファー著  南雲堂 2160円
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/203410.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}