科目名 英会話C1(English Conversation C1)
担当教員 O’Leary Josh Richard Miguel
単位数 1
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 前期
科目概要 1,2年次までに習得した英語の技能を駆使して、日常の場面を越えてより専門的な内容について話す能力を向上することを目的とする。
到達目標 さまざまな状況・内容で、限定的ではあっても即興的に会話を行うことができる。
授業内容 今日の世界は道路交通やインターネットのめざましい発展により、英語は国際的会話において欠かせない言語になっている。年々、日本の企業は海外との接点も増え続けている。
もしかすると、あなたは一生日本からでることはないかもしれないが、恐らく英語を必要とする機会にでくわすだろう。このクラスの目的は、話す・聞くを含む、英会話を中心とした授業を進めていく。今まで教科書の中だけで習った文法を実際に会話を通し勉強していくことで自然に語句が増やせ英会話を身につけ上達に役立てていく。
授業計画 授業1 授業の内容説明 ・  会話1 説明 文法 グループでの練習
授業2 会話1 練習した文法を即興的に使用した会話の実践
授業3 会話1 グループでの練習 クイズの準備 
授業4 会話1 小クイズ 練習
授業5 会話2 説明 文法 グループでの練習
授業6 会話2 練習した文法を即興的に使用した会話の実践
授業7 会話2 グループでの練習 クイズの準備
授業8 会話2 小クイズ 練習
授業9 会話3 説明 文法 グループでの練習 
授業10 会話3 練習した文法を即興的に使用した会話の実践
授業11 会話3 グループでの練習 クイズの準備
授業12 会話3 小クイズ 期末プレゼンテーションの為の準備 
授業13 期末プレゼンテーションの為の準備
授業14 期末プレゼンテーション
授業15 復讐 プレゼンテーション フィードバック
履修上の注意 特になし。
準備学習(予習,復習について) 小クイズの為の予習
プレゼンテーションの準備
試験方法 小クイズ x 3
スピーキング・筆記試験
成績評価方法 30% 小クイズ
30% 努力・授業中の態度
10% 自分たちでボキャブラリー\文法を記入したノートブック
30% プレゼンテーション
教科書等 ノート、英和・和英辞書(電子辞書もしくは携帯の辞書アプリでも良い)、筆記用具、小ノート
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/203440.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}