科目名 美術史特講B(Special Topics on Art History B)
担当教員 石川 健次
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 後期
科目概要 日本の近代美術を概観する。鎖国が終わり、急速に西洋化が図られる中、美術にも大きな変革が訪れる。日本近代美術が刻んだその軌跡と変遷の過程を理解することを目的とする。
到達目標 日本の近代美術の特質と変遷をめぐって、背景となる政治や社会との関わりにも視野を広げつつ、大きな視点からその時代様式を理解し、説明できる。
授業内容 科目概要、授業計画を参照
授業計画 ガイダンスに続けて、日本の近代美術を概観する。前半は洋画、後半は日本画を中心に論じる。さらに、近代の彫刻についても触れるつもりだ。各回の内容は、おおよそ次のようになる。

1.ガイダンス
2.高橋由一と洋画の黎明
3.渡欧第1世代と黒田清輝の登場以前
4.黒田清輝の登場ととアカデミズム
5.日本独自の洋画へ
6.チャレンジ問題(ミニテスト)
7.狩野派の終焉と近代日本画の誕生
8.岡倉天心と横山大観
9.竹内栖鳳と京都画壇
10.日本画のモダニズム
11.チャレンジ問題(ミニテスト)
12.近代の彫刻(上)
13.近代の彫刻(下)
14.戦争画をめぐって
15.まとめ&小論文
履修上の注意 毎回の授業で配布するレジメは、最終講義の「まとめ&小論文」の際に改めて参考資料として持参してもらうため、なくさないようにすること。ガイダンスで詳述する。
準備学習(予習,復習について) 特に準備することはないが、近代日本の美術に関して日ごろから関心を抱き、授業で触れた作家、作品はもちろん、関連する展覧会に足を運んだり、参考図書を読んだりすることが望ましい。
試験方法 授業のなかで詳述するが、主に小論文形式で行う。単に知識を問うのではなく、作品の造形的な特徴など自身の考えや印象、批評的な意見などを、自分の言葉で記述することが中心となる。
成績評価方法 授業へ臨む姿勢もちろんだが、授業のなかで実施する簡単なミニテストや小論文、さらに最終授業で行う小論文などを総合的に考慮して採点する。
教科書等 特に指定しない。授業では毎回、レジメなど必要な資料を配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/203730.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}