科目名 現代のアート(Contemporary Art)
担当教員 天野 一夫
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 後期
科目概要 20世紀美術が、21世紀の現代からどのように捉えなおすことができるのか、を探求することで、結果として、前世紀からの今日に到る美の、作家の姿の大きな変容を示したい。
到達目標 20世紀から現代までの美術の流れとその多様な表現のあり方について説明でき、基本的な美術作品を自らにインプットできている。また、学んだ知識を自己の研究や芸術表現において活用することができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1)「現代美術」とは
2)19世紀の視覚変革から―レアリスム・印象派と写真・アニメーション、映画の発生
3)4)時間・運動の魅惑・表現―キュピスム、そして未来派へ
5)抽象の成立
6)システムの抽出―普遍的美 モンドリアンから構成主義
7)デュシャンの革新
8)ダダからシュルレアリスムへ
9)光の表現―非物質的造形から見えないものへ
10)抽象表現主義絵画―戦後アメリカ絵画とは何か?
11)大衆消費社会の中で―ポップアート以後
12)現代の表現―ドイツ美術を中心に
13)インスタレーション
14)彫刻の現在
15)美術の現在(美術館見学)
履修上の注意 積極的な取り組みの姿勢を持つ者のみが履修すること。聴講者のみがレポートを書くことが出来る講義なのでそのつもりで履修するように。
ちなみに一回は美術館に見学に行く(5限終了後)予定。その際、入館料が必要となる(日時は講義中に調整。レポート課題を課す)。
準備学習(予習,復習について) 講義内だけでは限界があるので、できるかぎり言及した作家、流れ、について作品集等で学ぶこと。
さらに、できるかぎり美術館、ギャラリーに行く習慣を作ること。 
試験方法 授業内での試験(自筆ノート、配布資料のみ持込可) 
成績評価方法 小レポート15%
筆記試験(出席が80%以下の学生は不可)85%
教科書等 使用しない。適宜プリントを配付する。 
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/203750.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}