科目名 文芸理論(Theory of Literary Art)
担当教員 北野 雅弘
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 後期
科目概要 現代の文学理論について、その様々な理論や基礎的諸概念を理解する。
到達目標 文学理論の概念を理解し、分析や制作に適用することが出来る。
授業内容 文芸理論の中でもっとも創作方法にも関わる「物語論」(ナラトロジー)について、橋本陽介「物語論:基礎と応用」をテキストにしてその概要を学ぶ。このテキストで説明が不足している箇所は、プリント等で補う。
授業計画 (1)ナラトロジーについて
文学を物語として捉える理論系が「ナラトロジー」と呼ばれる、1950年代に成立した学問です。その起源は、20世紀初頭のロシア・フォルマリズム及び30年代のウラジミール・プロップの形態学にあります。さらに、議論はほぼ悲劇という特定のジャンルに限定されていますが、アリストテレス『詩学』の影響は、文学について理論的に考えようとする発想にとって重要です。ここではそうした歴史的背景についての大まかな把握を試みます。
(2)~(5)プロップからバルトまで
この四回は、テキストの第一章に即して、プロップ、ブレモン、バルトの物語の機能論を検討します。プロップは、魔法昔話という特定のジャンルに限定してですが、物語が31の「機能」から構成され、その順序が不変であると考え、すべての多様な登場人物を六つの「役割」に分割して形式化を試みました。ブレモンとバルトはプロップの議論にインスパイアされ、機能論、役割論を物語一般に拡張するために変形します。その展開を辿ってゆきます。
(6)~(7) ロシアフォルマリズム
テキストの第二章に即して、ナラトロジーの前段階としてのソシュール言語学とロシアフォルマリズムについて、特に後者の「ファーブラ(出来事の時間的因果的関係)」と「シュジェート(作者によるファーブラの変形、現実化)」の対概念を中心に検討します。初期のフォルマリストたちはとりわけファーブラに対してシュジェートを重視し、そこに物語の芸術性を求めました。これは後に撤回されますが、対概念そのものはナラトロジーの中で。「イストワール」と「ディスクール」として維持されます。
(8)~(10)物語に流れる時間
テキストの第二章に則して、「物語に流れる時間」の問題を検討します。初期のナラトロジー理論の中心にいたジェラール・ジュネットの理論を紹介します。彼は、物語の時間を、順序、頻度、持続の三つの観点から分析しました。錯時法、括復法、情景法など、ジュネットが物語分析に用いた諸概念を学びます。
(10)~(12) 物語の時間
テキスト第三章に従って、物語の視点と焦点化の問題を扱います。例えば三人称小説の場合、語り手は登場人物の内面に入り込むことが多いでしょうが、その入り込み方は様々です。すべての人物の内面をすべて知っていて語る「全知の語り手」なのか、特定の人物の内面については詳しいがそれ以外はそうでもないのか、すべての人物について、内面には踏み込まないのか。ジュネットはこの問題を、語り手が人物についてどこまで知っているのかという問題として定式化しましたが、知識の問題かどうかは別として、焦点化は物語理解の重要なポイントになります。
(13)~(15)日本語の小説の問題、適用、
ジュネットの議論は、言語で書かれた物語を中心に、物語の構造を俯瞰的にみるものです。したがって、そこには二つの欠落があります。第一に、ヨーロッパ言語の独特の文法やそれに縛られた話法を当然視していること、第二に、物語一般に当てはまるいわば物語の「文法」なので、どういう物語が「価値」を持つのかについての議論がないこと。最後の三回ではこれらの点を補い、ナラトロジーを活用する方法を検討します。
履修上の注意 授業で取り上げる文学作品等について、一定の知識を持つようにしてください。
準備学習(予習,復習について) 各章ごとに授業は行われるので、その章は授業前に読んでおくこと。また、パワーポイントの配付資料版を配るので、そこに印刷されている内容と、テキスト、授業内時間中に書いたノートを総合したノートを毎週家で作っておくこと。授業時間中には配付資料の余白に書き込んでも構わないが、家ではきちんと授業内容の分かるノートを作ってください。
試験方法 期末試験
成績評価方法 期末試験の結果と授業への参加のあり方を総合して成績評価を行います。
教科書等 橋本陽介 『物語論 基礎と応用』(講談社) 1,700円(税別)
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/203780.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}