科目名 インターンシップ(Internship)
担当教員 中島 信貴
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 企業におけるプロの制作現場での実習を通して、現場で求められる専門能力、納期とクオリティーに対する要求水準を知り、社会人、企業人、組織人として必要な行動様式、コミュニケーション方法などを多面的に体験学習する。
到達目標 実際の制作現場を体感し、現場の厳しさや難しさ、仕事をする際の心構えを理解し、自身の希望や適正を踏まえ、進路選択の際の参考とすることができる。
授業内容 科目概要を参照のこと
授業計画 事前指導、実習、事後指導からなる。

1.事前指導
 インターンシップオリエンテーション
 ビジネスマナー等勉強会

2.実習 [約2週間]

3.事後指導
 実習レポート作成・提出
 インターンシップ成果発表会 
履修上の注意 (1)この科目は履修登録を行わない。履修方法は掲示等によって知らせるが、不明の場合は、就職支援課に問い合わせること。
(2)受入れ企業の数により、実習希望者の人数を制限することがある。学内で面接を行い、受入企業と調整し、実習者を6月末をめどに決定する。
(3)実習希望者は所定のインターンシップオリエンテーションに必ず参加すること。 
準備学習(予習,復習について) インターン参加前の予習、レポート作成には振り返り等復習を要する。
試験方法 インターンシップ成果発表会での報告によって単位認定を行う。
成績評価方法 事前指導(ビジネスマナー講座など)における取り組み、派遣先の企業担当者の評価、事後指導(実習レポート、インターンシップ成果発表会など)の評価を総合的に判断し、単位として認定する。合格の場合は「認定」と表記される。
成果発表会の欠席等の扱いは期末試験に準じる。 
教科書等 適宜、資料を配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/203990.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}