科目名 空間プロダクトデザインI(Spatial and Product Design I)
担当教員 杉下 哲永井 孝也、髙梨 令
単位数 2
授業区分 選択必修
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 対象を立体的、空間的にとらえる力を養うためのスケッチやモデリング、コンポジションなどによる、空間デザイン課題とプロダクトデザイン課題の両方を体験させるプログラムの演習を行う。
到達目標 人とモノと空間の関係に関わるデザインの初歩的な知識を身につけ、基礎的な表現材料や手法による空間やプロダクトのデザイン表現ができる。
授業内容 空間プロダクトデザイン領域の意味や位置づけ、伝え方などを知る。空間やモノ、コトの成り立ちを知るとともに、それらがおよぼす心理や生理などを考える。
立体や空間の見方や考え方などを概観し、対象を立体的、空間的にとらえる力を養いる。イメージ形成からアイディア展開、形態化、空間化などの流れを経験し、スケッチやモデリング、コンポジションなどにおける表現手法を修得する。
授業計画 1.オリエンテーション、課題1解説
空間デザイン課題(担当:杉下)、プロダクトデザイン課題(担当:永井、高梨)
2.発想、アイディア展開
3.アイディア深化、簡易設計
4.実制作(全体概略等)
5.実制作(部分詳細等)
6.実制作(仕上げ等)
7.プレゼンテーション
8.講評、課題2解説
空間デザイン課題(担当:杉下)、プロダクトデザイン課題(担当:永井、高梨)
9.発想、アイディア展開
10.アイディア深化、簡易設計
11.実制作(全体概略等)
12.実制作(部分詳細等)
13.実制作(仕上げ等)
14.プレゼンテーション
15.講評、まとめ
履修上の注意 制作内容により作業着や作業防具、作業用具が必要になる。
準備学習(予習,復習について) 課題解説を受けて、アイディアの展開や深化を予習や復習で高める。
試験方法 課題作品のプレゼンテーション及び提出による。
成績評価方法 以下の割合で総合評価する。
平常点(出席率を含む):40点
課題作品点:60点
※課題作品は観点、造形、発表を主な評価の基準とする。
教科書等 特になし
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/231970.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}