科目名 空間プロダクトデザインIIB(Spatial and Product Design IIB)
担当教員 杉下 哲永井 孝也、髙梨 令
単位数 2
授業区分 選択/選択必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 空間デザイン又はプロダクトデザインそれぞれの課題を任意に選択させるプログラムによって、デザインの意味や価値などを考え表現する方法を修得するための基本的なデザインプロセスをもとにした演習を行う。
到達目標 人・生活・社会について、空間・モノ・コトにおけるデザインの視点からとらえ、社会や環境なども考慮に入れた空間やプロダクトのデザイン表現ができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1.オリエンテーション、課題3の解説(空間デザイン又はプロダクトデザインを選択)
2.発想、アイディア展開
3.アイディア深化、簡易設計
4.実制作(全体概略等)
5.実制作(部分詳細等)
6.実制作(仕上げ等)
7.プレゼンテーション
8.講評、課題4の解説(空間デザイン又はプロダクトデザインを選択)
9.発想、アイディア展開
10.アイディア深化、簡易設計
11.実制作(全体概略等)
12.実制作(部分詳細等)
13.実制作(仕上げ等)
14.プレゼンテーション
15,講評、まとめ
履修上の注意 制作内容により作業着や作業防具、作業用具が必要になる。
準備学習(予習,復習について) 課題解説を受けて、アイディアの展開や深化を予習や復習で高める。
試験方法 課題作品のプレゼンテーション及び提出による。
成績評価方法 以下の割合で総合評価する。
平常点(出席率を含む):40点
課題作品点:60点
※課題作品は観点、造形、発表を主な評価の基準とする。
教科書等 特になし
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/232320.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}