科目名 コンピュータリテラシーB(Computer Literacy B)
担当教員 永江 孝規
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 基礎的な2Dグラフィクスと3Dグラフィクスを学ぶ。
到達目標 簡単な2D描画と3D描画ができる。またモデリングとレンダリングの基礎技法が理解できる。
授業内容 フリーソフトウェアだけをもちいて、ウェブ上に公開可能な、2Dと3DのインタラクティブなCG制作を行う。
授業計画 1 コンピュータリテラシーB 2017 ガイダンス
2 Unity 2D 01 Illustratorでスプライトを描画し、Unityでインポートし、配置する。Collider 2D。
3 Unity 2D 02 Rigidbody 2D、Physics Material 2D、簡単なトリガー
4 Unity 2D 03 アニメーション、振り子など
5 Unity 2D 04 制作
6 Unity 3D 01 Unity 2D 課題講評会、Unityちゃん基礎
7 Unity 3D 02 地面、水、建物、環境光、炎
8 Unity 3D 03 アニメーション
9 Unity 3D 04 制作
10 Blender + Unity 3D 01 Unity 3D 課題講評会、Blender 基礎
11 Blender + Unity 3D 02 椅子、机のモデリング
12 Blender + Unity 3D 03 簡単なキャラクターのモデリング
13 Blender + Unity 3D 04 制作
14 Blender + Unity 3D 05 最終課題
15 講評会、授業アンケート
履修上の注意 特に予備知識は必要ない。この授業で使用するソフトウェアのほとんどは無償で入手できるので、自宅にPCを持っている学生は、できるだけ自宅にもインストールして、予習復習や自宅での課題制作に利用してもらいたいと思う。
二年次「システムデザイン」を履修する予定の者はこの課目を合わせて履修することが望ましい。
PC演習室の定員を超える場合は先着順とする。
準備学習(予習,復習について) 作品の作り込みなどを授業時間外に行うことが望ましい。wikiに掲示された資料にもとづいて予習復習などを行うほうが好ましい。
試験方法 試験は行わない。
成績評価方法 出席、毎回提出してもらう課題、中間課題、企画書、および最終課題によって評価する。
教科書等 Wikiなどを適宜利用する。
備考 webGLの代わりにUnityを用いる可能性がある。
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/241080.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}