科目名 作曲演習(Music Composition)
担当教員 久原 泰雄
単位数 1
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 サウンドプログラミングの基礎を身につけると同時に作曲技法や音響合成など音楽作成の技術を利用したアルゴリズム作曲の技術を学び、自動作曲ソフトウェアやアナログシンセサイザーのプログラムを作成する演習を行う。
到達目標 プログラミングによるアルゴリズム作曲ができる。
MIDIデータをプログラミングし、音楽を自動生成できる。
キーボード、マウス、MIDIコントローラからの入力情報をプログラミングし、リアルタイムに音楽演奏を変化させることができる。
プログラミングで、波形を合成、編集、加工できる。
ダイナミック系、スペクトル系、ディレイ系のエフェクトをプログラミングできる。
マウス、キーボード、カメラ入力を使用したインタラクションをプログラミングできる。
授業内容 科目概要参照
授業計画 1. サウンドプログラミングにおけるMIDIメッセージの扱い
2. ノート、コントロールチェンジの扱い
3. 時間制御,乱数、算術演算
4. ループ、カウント制御、. 条件分岐、
5. 音程、音階のプログラミングにおける扱い
6. 和音、コード進行のプログラミングにおける扱い
7. キーボードとマウス
8. 中間課題講評
9. サウンドプログラミングにおけるオーディオ信号の扱い
10. 波形合成、AM合成、FM合成
11. アナログシンセサイズ、LFO
12. フィルター、エンベロープ
13. ディレイ
14. 最終課題講評
15. 小テスト
履修上の注意 ・課題作成のために授業時間以外に各自で制作時間をとる必要があります。
準備学習(予習,復習について) Web資料調査、課題作成
試験方法 小テストを行う。
成績評価方法 【成績評価方法】
 出席、課題、小テストにて評価する。
【試験方法】
 期末試験は行わない。
教科書等 授業Webサイト:{http://www.kuhalabo.net/wiki/}
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/241100.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}