科目名 メディアプログラミング演習I(Media Programming I)
担当教員 野口 靖
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 後期
科目概要 プログラミング言語を利用して行なわれる表現(グラフィック、アニメーション、サウンドなど)を基本として、それらに必要なアルゴリズムを基本から学ぶ。
到達目標 21世紀におけるデザイン/アート作品を制作するための重要な要素として、プログラミング言語を修得する。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1. プログラミング基礎
2. 課題制作
3. while構文とfor構文
4. while, forの復習
5. if構文の理解
6. 中間課題の制作
7. 中間課題講評
8. アニメーション1
9. アニメーション2
10. インタラクション1
11. インタラクション2
12. テキストの表示
13. 最終課題制作
14. 最終課題制作
15. 講評
履修上の注意 この授業は段階的に学習していくことが非常に重要なので、一回でも授業を休んでしまうとその後の授業内容が理解できない可能性が高い。継続して出席すること。
準備学習(予習,復習について) 授業内で告知する。
試験方法 課題提出による評価。
成績評価方法 以下の割合で総合評価する。
・平常点(出席率を含む):50%
・課題提出:50%
※出席が 2/3 に満たない場合は、単位を与えない。
教科書等 資料は適宜配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/241110.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}