科目名 デバイス演習I(Seminar in Device I)
担当教員 浅野 耕平
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 マウスなど既存デバイスを応用し、独自の入力デバイスを用いて作品制作を行う。これらの活動を通してインタラクティブアートの基本的な制作手法や考え方の習得を目指す。
到達目標 既存デバイスを応用した作品の計画、設計が行え、デバイスを用いた作品アイデアのプロトタイプ制作が行える。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1)インタラクティブアートの紹介
  既存デバイスの応用
2)課題制作、プレゼンテーション
3)課題制作、プレゼンテーション
4)オーサリングソフト講習
5)企画ディスカッション
6)企画プレゼンテーション
7)制作
8)制作
9) 制作
10)制作
11)中間発表
12)制作
13)制作
14)制作
15)講評会
履修上の注意 この演習では出席を重視する。
スケジュールは履修者の進捗、状況に応じて変更の可能性がある。  
準備学習(予習,復習について) 各自の制作進行に合わせて、演習日以前、以後に、
1.5時間以上を目安とした資料の整理、材料調達、制作を各自行う必要がある。 
試験方法 試験は行わない。 
成績評価方法 平常点、課題作品、レポートを総合的に評価する。
教科書等 教科書の指定はない。
作品制作の材料、消耗品は各自負担。 

講評会のコメント投稿にスマートフォンを使用する場合があります。

筆記用具、カッター、ハサミ、定規、ドライバーセットなど基本的な工作道具は各自で準備することが望ましい。
コンピューター、特殊工具等は大学設備を使用する。
何れも詳細は演習の中で指示する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/241140.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}