科目名 サウンド演習IA(Sound Workshop IA)
担当教員 上田 哲也、久原 泰雄、黒沢 ダイスケ
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 MIDI打ち込みによって音楽制作を行う。
音楽を情報化し、より音楽的な表現を目指す。
コンピュータ(シーケンスソフトとMIDI音源)を通して、ここの楽器とアンサンブルについて学び、様々な楽器の演奏や表現方法を理解し、音楽の知識を深める。
VOCALOIDについて学ぶ。
到達目標 シーケンスソフトの使い方を修得する音楽理論や様々な楽器について理解し、モチーフ,音程,音階,和音,コード進行を活用して楽曲を制作できる。音楽の情報化(イベント、コントロールチェンジ、プログラムチェンジ)を理解できる。個々の楽器の演奏方法と表現(抑揚など)のシミュレーションをする。リバーブやミキシングを通じてその楽曲の世界を感じ取ることができる。MIDI音源(シンセサイザー)を理解できる。VOCALOIDの使い方(入力とエディト)を理解し、実戦できる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1. ガイダンス DTMについて Studio Oneの基本操作
2. ループ素材で曲を作る
3. ループ素材を加工してアレンジを加える
4. 効果音 映像に音をつける 素材の組み合わせから作る
5. 効果音 ソフト音源を使ってMIDI作る
6. 効果音 マスタリング、バウンス書き出しについて
7. 講評会
8. MIDIの打ち込み:ドラム編
9. MIDIの打ち込み:ベース編
10. MIDIの打ち込み:ギター編
11. MIDIの打ち込み:キーボード、シンセイサイザー編
12. ミックスダウン パン、フェーダー、エフェクト、EQ、リバーブ
13. 定番コード進行の紹介
14. 楽曲のブラッシュアップ
15. 講評会
履修上の注意 ヘッドフォンは、各自持参すること。
準備学習(予習,復習について) 課題作成のために授業時間以外に各自で制作時間をとる必要があります。
試験方法 期末試験は行わない。
成績評価方法 平常点(50%)・課題(50%)
教科書等 課題に使用する楽譜、その他必要な資料はプリントおよびPDFで配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/241160.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}