科目名 ミュージック論(Music Theory)
担当教員 豊住 竜志
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 この授業では、クラシック音楽に基盤を置いた基礎的な作曲法について解説する。
発想した音楽を楽譜に記譜する能力を養成し、基本を踏まえた作品を作曲できるように学ぶことを主な目的とする。そのために必要な音楽理論・楽器法等について理解を深め、音楽作品の研究もあわせて行いながら作曲の実習を進めて行く。
到達目標 学生が作曲に必要な音楽理論・楽器法などを修得して、作曲法の基礎的な能力を身につけ、
作品分析や音楽鑑賞を行いながら、ピアノ曲や二重奏曲等の楽曲を完成させることができる。
授業内容 科目概要参照
授業計画 1. 授業概要と作曲法の総論
2. 作曲に必要な基礎的な音楽理論
3. コード進行法の基礎と1部形式による旋律の作曲法
4. コード進行法の基礎とベースラインをもとにした1部形式による作曲法
5. 三和音によるコード進行法
6.  非和声音の用法
7. ベースラインをもとにした2部形式による作曲法
8. 伴奏部をともなった2部形式による作曲法と作品研究(基礎)
9. 伴奏部をともなった2部形式による作曲法と作品研究(応用)
10. 楽器法と転調について  3部形式による作曲法1.
11. 楽器法と転調について  伴奏部をともなった3部形式による作曲法2.
12. ピアノ曲または二重奏曲の作曲法の基礎と作品研究1.
13. ピアノ曲または二重奏曲による提出作品の構想と作品研究2.
14. ピアノ曲または二重奏曲による提出作品の創作と作品研究3.
15. 総括
授業は音楽理論などの知識の習得、作曲実習とその添削を中心に進める。
また作品研究として様々な時代様式による楽曲の音楽鑑賞を随時取り入れていく。
学生の学修状況にあわせながら授業を進める
履修上の注意 【履修上の注意及び履修条件】
楽器の演奏経験があること。
楽譜の読み書きができる能力をある程度有すること。
作曲を学ぶことに対して強い意欲があること。


準備学習(予習,復習について) 配付する資料や課題について、授業前に必ず予習すること。
授業時に音楽理論の演習や作曲の課題を与えるので、必ず実習して授業に出席すること。
また、添削した課題を返却するので指導内容をもとに、作品を修正するなどの復習を行うこと。
試験方法 試験は行わない。
期末に自作曲の作品を課題として提出する。
成績評価方法 【成績評価方法と基準】
 全体を100点として評価する。
(1)課題提出(作曲作品)100点
   締切日時厳守のこと。遅れて提出した場合は受け付けない。
   課題内容については掲示にて指示する。
(2)出席が2/3に満たない場合は単位認定しない。
教科書等 授業時に資料を配付する。また必要に応じて参考書を紹介することがある。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242090.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}