科目名 シナリオ概論(Basic Screenplay Writing)
担当教員 大久保 真道
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 シナリオの基本的な知識と技術の修得が本講のテーマである。授業では、さまざまな映像コンテンツの視聴やシナリオの講読など、実際の作品を教材として用いる。
到達目標 本講座で学んだシナリオの知識と技術を用いて、受講者各自がオリジナルの短編シナリオを企画、執筆、提出することができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1. シナリオとはどのようなものか
2. シナリオ発想の技術
3. シナリオ構成の技術
4. シナリオ構成の技術 2
5. ドラマと描写について
6. キャラクターとは
7. 作品の世界と世界観
8. 人物の描き方について
9. ト書きとセリフについて
10. シャレードについて
11. 作品の推進力としてのカセ
12. サスペンスについて
13. 時間経過の描き方、 回想の描き方
14. シナリオの診断
15. まとめ
履修上の注意 主体的な授業参加を求める。
準備学習(予習,復習について) 授業内での指示に従って、参考資料や参考作品の検証をおこない、予習・復習すること。
予習として、毎回1時間半程度かけて、講義内容に関連した作品や文献などを、本学図書館の資料や、インターネットや学外から入手できる資料などを調べ、事前の理解を深めることが求められる。復習は、毎回1時間半程度かけて、配布資料や自分のノートを使い、講義内容の理解を深め、最終課題のシナリオ制作に活用できるようにすることが必要です。
試験方法 試験は行わず、課題提出によって行う。
成績評価方法 創作シナリオに授業参加点を加味して総合判断する。 
原則として、出席が2/3に達しない場合は、成績評価対象としない。
教科書等 随時、テーマに沿ったプリントを配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242150.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}