科目名 サウンド演習II(Seminar in Sound II)
担当教員 小澤 慎吾、久原 泰雄
単位数 2
授業区分 選択必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 前期
科目概要 オリジナルの歌楽曲を制作し配信する演習を行う。作詞、作曲、編曲、MIDI打ち込み、レコーディング、エフェクト加工、ミキシング、マスタリング、パッケージング、Web発信など音楽コンテンツの作成から配信までを演習する。ボーカルや楽器演奏などをサウンドスタジオでマイク録音するためのライセンス講習を行う。
到達目標 デジタルオーディオの知識を習得し、音楽コンテンツを制作することができる。
サウンドスタジオで、デジタルレコーディングができる。
楽曲コンテンツについてデジタル編集やエフェクト加工を行い、ミキシングをすることができる。
ループ素材、サンプラーを使用して、楽曲制作ができる。
言葉と音楽を調和させる歌詞を作成できる。
作成した楽曲を配信できる。
授業内容 科目概要参照
授業計画 1. デジタルオーディオの基礎知識
 音の3要素、スペクトル、デジタル化
 オーディオフォーマット、圧縮
 発振、共振、反響
2. デジタルオーディオのソフトウェアとハードウェア
 PC、ケーブル、コントローラ、MIDI音源、シンセサイザー、MIDI/オーディオインターフェイス、マイク、スピーカ、ミキサー
 DAWアプリケーション、波形編集ソフト、プラグイン
 ドライバーとレイテンシー
3. MIDIスケッチの作成
 MIDIとオーディオデータの区別と使い分け
4. レコーディング実習
 マイキング、クリッピング、ハウリング
5. オーディオ編集
 エンベロープのADSR加工
 ノーマライズ、フェイドイン/アウト、クロスフェードによるOKテイク
6. エフェクト加工
 コンプレッサー、イコライザー、ディレイ
 DryとWet
 空間系、モジュレーション系、歪み系、ダイナミクス系の各種エフェクト
 ピッチ修正
7. ミキシング
 位相、マスキング、ルーティング、オートメーション
8. ReMix課題
過去の作品のトラックデータに新たなレコーディングを追加してReMixする。
9. ループ素材、サンプラー
10. DX/VSTプラグイン,サンプラー
11. 作詞の基本
12. 最終課題制作
作詞、作曲、編曲、演奏、録音、編集、ミックス、パッケージング
13. 中間講評会
14. 作品Webサイトの作成、サーバアップロード、オーサリング、ジャケット作成
15. 最終講評会
講評会では、ゲストとして現職のサウンドクリエーターをお招きして、講評をしていただく予定です。
履修上の注意 サウンド演習IAまたはサウンド演習IBを履修していること。
MIDIや作曲に関する基本的な知識を前提として授業を進める。
学生の全課題作品と講評は学内限定の授業用Webサイトにアーカイブ化する。
一部の作品はMNG/クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下にWebデータベース{http://www.kuhalabo.net/mng/}にて一般公開する。
準備学習(予習,復習について) Web資料調査、課題作成
試験方法 ミニレポート、小テスト
成績評価方法 【成績評価方法】
 出席、課題、平常点にて評価する。
【試験方法】
 期末試験は行わない。
教科書等 授業Webサイト:{http://www.kuhalabo.net/wiki/}
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242190.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}