科目名 映像演習(Seminar in Imaging Art)
担当教員 小林 祐司
単位数 2
授業区分 選択必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 映像における基礎の表現手法を身につけるべく複数の小作品を制作する。
最終的には映像全般の基礎と表現の多様性を理解した上で、個人でテーマ、企画を立てた映像作品制作を指導する(個人課題)。
到達目標 映像メディアの特性を理解し、己のイメージを形にする上での基礎の技術と表現法を身につける。
授業内容 映像の基礎的なレクチャーを織り交ぜつつ、下記の計画に沿って授業をおこなう。
授業計画 1. 第1課題 gifアニメ制作 後半講評
2. 第2課題 組写真作成
3. 前回の講評 第3課題 カット割りした映像制作
4.第3課題の講評  第4課題 これまでの応用作品制作
5. 講評会
6. 第5課題  音に合わせた編集 後半講評
7. 第6課題  アフターエフェクト基礎 モーショングラフィック制作
8. 講評  第7課題  アフターエフェクト 基礎 合成映像制作
9. 講評  第9課題  これまでの応用作品制作
10. 前半制作  後半講評会
11. 最終課題(個人製作)についてのレクチャー
12. 個人制作企画チェック
13. 制作
14. 制作
15. 講評会  
履修上の注意 演習なので出席重視です。
各自ノートはしっかり取って下さい。
技術的な面は演習内だけでの時間では身につきません。復習は大切です。
何事も積極的に質問するように心がけて下さい。 
準備学習(予習,復習について) 個人制作の作品の企画は早めに考えておくように。
(授業初回で解説します) 
試験方法 試験は無いが作品を提出。
成績評価方法 【成績評価対象と基準】
各小作品(50点満点)での平均値に
個人制作作品を50満点を足して評価(企画提出、中間チェックを受けない場合は大幅に減点します)

出席が2/3に満たない場合は単位認定しません

*定期試験は行いません。  
教科書等 特になし。
必要な資料などは配付します。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242221.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}