科目名 CG応用演習B(Advanced Skills for Computer Graphics B)
担当教員 永江 孝規
単位数 2
授業区分 選択必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 ゲームなどへの応用を前提としたインタラクティブに操作可能なローポリキャラクターモデリングについて学ぶ。
到達目標 キャラクターモデルに割り当てられた複数のアニメーションをインタラクティブに切り替えることができる。
授業内容 フリーウェアの3DCGソフトであるblenderを習得する。blenderによるキャラクターモデリングとテクスチャ描画を中心に、一つのモデルに対して歩く、走る、手を振るなどの簡単な複数のモーションを作成する。モデルをUnityに書き出し、Unity上で動作確認する。レンダリングは特に行わない。
授業計画 1 ガイダンス、Unityちゃん。
2 キャラクターモデリング 01 おおまかな造形。
3 キャラクターモデリング 02 シームとUV展開
4 キャラクターモデリング 03 人体モデリング、ボーン
5 キャラクターモデリング 04 人体のUV展開、テクスチャの描画
6 Unity に自作キャラクターを読み込み Unityちゃんのモーションで動かす
7 キャラクター 立ちポーズ 直立、リラックス
8 キャラクター 歩くモーション
9 タイムラインの基礎
10 タイムライン モーションの合成 01
11 タイムライン モーションの合成 02
12 制作 キャラクターの作り込み 01
13 制作 キャラクターの作り込み 02
14 制作 キャラクターの作り込み 03
15 講評会
履修上の注意 2年前期までのCG関連科目をすべて履修していることが望ましい。
blenderとunityは無償で利用可能なソフトウェアなので、自宅のPCにもインストールして習熟することがのぞましい。
準備学習(予習,復習について) 自宅でblenderやunityの制作ができることが望ましい。授業時間内に制作しても良いが、自宅で制作してわからない点などを授業中に質問するようにしてもらいたい。
試験方法 試験は行わない。
成績評価方法 最終授業日に各自制作したキャラクターモデルもしくはunityの実行ファイルを提出、全員で講評する。モデルを提出しない場合には単位を認めない。そのほか出席、中間課題、企画書等の点を加味する。 
教科書等 wiki等で適宜提示する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242250.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}