科目名 CG論II(Computer Graphics II)
担当教員 伊勢田 誠治
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 映画、TV、ゲーム、CMなどのCG映像の制作において、映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に用いる手法などについて広く学ぶ。 
到達目標 CG関連技術の専門知識を理解できる。
CG-ARTS協会主催のCGクリエイター検定エキスパートの取得ができる。 
授業内容 実際のCG映像制作の流れを軸にその関連技術や知識についての解説・講義を行う。
授業計画 1. 初回ガイダンス(概要説明)
2. 商業作品に見る実際のCG映像制作
3. モデリングの基礎知識と実際
4. キャラクターモデリング
5. マテリアル表現の基礎知識と実際
6. CGアニメーションの手法と対象
7. キャラクターアニメーション
8. フェイシャルアニメーション
9. シーン・ライティング
10. レンダリング・合成
11. 3DCGとエンターテインメント
12. CGプロダクションの仕事
13. 写真撮影による表現
14. 動画撮影・映像編集
15. CGを支える技術
履修上の注意 将来の進路として、映像及びCG関連の業界を目指す学生の参加が望ましい。
準備学習(予習,復習について) 予習として、日常的に身の回りにあるCG関連メディアを常に意識し観察する態度を求めている。
復習として、毎回2時間程度かけて自分の講義ノートを整理し、知識のまとめをする自習が必要。毎授業後にはレポートを提出すること。
試験方法 試験は行わない
成績評価方法 授業態度や出席状況による平常点、レポート提出による課題点を合わせて総合的に評価する。 
教科書等 教科書:無し
配布資料:有り
参考書:
「ディジタル映像表現 改訂版」定価:3,150円,
出版社: CGーARTS協会(ISBN: 978-4-903474-10-6)

「入門CGデザイン」定価:2,625円,
出版社: CGーARTS協会(ISBN: 978-4-903474-12-0)
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242260.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}