科目名 インタラクション演習(Seminar in Interaction)
担当教員 浅野 耕平
単位数 2
授業区分 選択必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 インタラクティブアートの制作に必要な制作技術と、シンプルな手法から多様な作品を創作する発想方法を学び、インタラクションの特性と表現の関係性を実際の制作を通して修得していくことを目指す。
到達目標 インタラクティブ作品制作における基本的な発想手法と制作手法を修得し、作品の計画、設計が行え、アイデアのプロトタイプ制作が行える。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1)導入
2)企画ディスカッション1-1
3)企画ディスカッション1-2
4)課題制作1-1
5)プレゼンテーション1-1
6)プレゼンテーション1-2
7)企画ディスカッション2
8)課題制作2
9)プレゼンテーション2-1
10)プレゼンテーション2-2
11)企画ディスカッション3
12)課題制作3
13)プレゼンテーション3-1
14)プレゼンテーション3-2
15)まとめ
履修上の注意 進捗に応じて、スケジュールは変更になる場合があります。
インタラクティブメディア学科 後期水曜日3限の「デジタル造形論(担当:浅野)」と合わせて履修することが望ましいです。三年次にインタラクティブメディア学科インタラクティブアート研究室への配属を検討している学生はこの演習の履修を推奨します。
準備学習(予習,復習について) 各自の制作進行に合わせて、演習日以前、以後に、
1.5時間以上を目安とした資料の整理、材料調達、制作を各自行う必要がある。
試験方法 定期試験は行わない
成績評価方法 平常点、課題作品、レポートを総合的に評価する。
教科書等 教科書等
教科書の指定はない。
作品制作の材料、消耗品は各自負担。 

講評会でスマートフォンを使ったコメント投票を行う場合がある。

筆記用具、カッター、ハサミ、定規、ドライバーセットなど基本的な工作道具は各自で準備することが望ましい。詳細は演習の中で指示する。 
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/242290.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}