科目名 エンターテイメントシナリオ技法(How to Write Entertainment Scripts)
担当教員 三宅 隆太
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 3
開講区分 2018年度 前期
科目概要 エンターテインメントコンテンツの礎となるのがシナリオである。本講義では「面白いシナリオの仕組み」について講師が伝授する。
到達目標 学生は、企画の立て方・キャラクターの作り方・構成力の基盤となる思考法やテクニックを修得し、エンターテイメント作品のシナリオ構造を理解し、自作に応用できる。 
授業内容 ※科目概要を参照
授業計画  1.物語の基本
 2.主人公と敵対者と協力者
 3.モチベーションとゴール
 4.メインプロットとサブプロット
 5.3幕構成の仕組み1
 6.3幕構成の仕組み2
 7.分析評価シートの書き込み方法1
 8.分析評価シートの書き込み方法2
 9.分析評価シートの書き込み方法3
10.コンプレックスとアーキタイプ
11.男性神話の構造
12.女性神話の構造1
13.女性神話の構造2
14.寓意の読み解き方1
15.寓意の読み解き方2~抽象化思考について~
履修上の注意 学びに対する謙虚且つ真摯な姿勢と、積極的な受講態度を望む。
準備学習(予習,復習について) 講義中に取り上げる参考作品は予習・復習として鑑賞すること。
試験方法 試験は行わない。
成績評価方法 以下の割合で総合評価する。
・平常点(出席率を含む):50%
・提出課題(既存作品の構造分析):50%
※出席が2/3に満たない場合は、単位を与えない。
教科書等 『スクリプトドクターの脚本教室・初級篇』(三宅隆太著、新書館) ¥2,160- 
備考 課題内容は、まず既存の長編映画作品(実写、アニメ問わず)を一本選出し、構造分析を行い、講義内で詳しく触れる「分析評価シート」への書き込みを行い、それを提出すること。

ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/243150.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}