科目名 インタラクティブメディア応用演習A(Advanced Seminar in Interactive Media A)
担当教員 久原 泰雄
単位数 2
授業区分 必修(クラス分け)
年次配当 3
開講区分 2018年度 前期
科目概要 インタラクティブなデジタル技術の特性を活かしたコンテンツ制作能力を備えた人材の育成を目指し、専門別のゼミに分かれて、担当教員の専門性を連携させた指導を行なう。
到達目標 インタラクティブなデジタル技術を用いたコンテンツの企画、作品制作、作品の発信ができる。
授業内容 コンピュータミュージックに関連した様々な作品制作指導を行う。単なる楽曲制作にとどまらず、インタラクティブメディアに関する技術を作品に取り入れ、表現力を豊かにする。
授業計画 個別に進捗チェックや研究、制作の指導を行う。
いくつかの共通課題を設ける。
また、ゼミ内で制作についてディスカッションを行い、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、コメント能力を培う。
前期には、半ばにゼミ内中間審査会を行う。前期末には前期末審査会を行う。

詳細は、ゼミ用コミュニティサイト{http://www.kuhalabo.net/kxoops/}にて適宜、アナウンスする。
履修上の注意 作品を学内展示することがある。
準備学習(予習,復習について) Web資料調査、課題作成
試験方法 なし
成績評価方法 【成績評価方法】
平常点,出席,進捗チェック,審査会,論文,作品によって総合的に評価する。
【試験方法】
期末試験は行わない。
教科書等 授業において適宜、紹介する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/243314.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}