科目名 インタラクティブメディア応用演習A(Advanced Seminar in Interactive Media A)
担当教員 野口 靖
単位数 2
授業区分 必修(クラス分け)
年次配当 3
開講区分 2018年度 前期
科目概要 インタラクティブなデジタル技術の特性を活かしたコンテンツ制作能力を備えた人材の育成を目指し、専門別のゼミに分かれて、担当教員の専門性を連携させた指導を行なう。
到達目標 インタラクティブなデジタル技術を用いたコンテンツの企画、作品制作、作品の発信ができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 前半は、インフォメーションデザインの基礎的な要素となる色彩とタイポグラフィ(文字組のデザイン)を行い、その結果としてのダイアグラムデザイン(図のデザイン)を行う。後半には、1, 2年次の復習としてProcessingを使ったプログラミング基礎実習、openFrameworksを使った応用実習を行う。
最終的に上記の実習を元にした作品を制作する。

1. ガイダンス、タイポグラフィ1
2. タイポグラフィ2
3. タイポグラフィ3
4. 色彩1
5. 色彩2
6. レイアウト1
7. レイアウト2
8. 中間課題
9. プログラミング1(openFrameworks)
変数、while構文、for構文、if構文、
10. プログラミング2
アニメーション、インタラクション
11. プログラミング3
配列、sine-cosine
12. プログラミング4
iOSアプリ
13. 最終課題制作期間
14. 最終課題制作期間
15. 講評
履修上の注意 授業内でカバーできるのはあくまでも導入部分なので、極力自主的に勉強すること。
準備学習(予習,復習について) 授業内で告知する。
試験方法 課題提出による採点。
成績評価方法 課題の提出状況と採点、授業参加状況の総合評価。
教科書等 授業内で告知する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/243316.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}