科目名 インタラクティブメディア応用演習B(Advanced Seminar in Interactive Media B)
担当教員 永江 孝規
単位数 2
授業区分 必修(クラス分け)
年次配当 3
開講区分 2018年度 後期
科目概要 インタラクティブメディア応用演習Aで学んだことをふまえ、インタラクティブなデジタル技術の特性を活かしたコンテンツ制作能力を延ばすための指導を、専門別のゼミで行なう。
到達目標 より専門的な、インタラクティブなデジタル技術を用いたコンテンツの企画、作品制作、作品の発信ができる。
授業内容 インタラクティブなCGの基礎となるキャラクターモデリングの制作と研究を行う。
Unity を用いたゲーム制作、blender を用いたアニメーション制作、もしくは blender と clip studio を用いた漫画制作を行う。
授業計画 1 ガイダンス
2 Unity の基礎
3 Unity プログラミング
4 Unithy プログラミング 2
5 Unity プログラミング 3
6 ゲームの企画
7 小物、背景などの制作
8 小物、背景などの制作 2
9 キャラクターのモデリング
10 キャラクターのモデリング 2
11 キャラクターのモーション
12 キャラクターのモーション 2
13 ゲーム制作
14 ゲーム制作 2
15 講評会
履修上の注意 ゼミ活動としての科目であり単位なので、指導教員に相談の上履修登録すること。原則として「インタラクティブメディア応用演習A」を履修していること。
準備学習(予習,復習について) 自宅で制作することが望ましい。授業時間に質問や確認を行い、指導を受ける。
試験方法 試験は行わない。
成績評価方法 課題の企画の面白さや作り込みの程度によって評価する。年度末に完成作品を提出するのが望ましいが、卒業制作につながるものであり、完成度が高いものであれば、途中経過のプレゼンと今後の企画の形でも良い。
教科書等 適宜資料を配付する。
備考 後期は、原則として Unity を用いたゲーム作品を制作してもらうが、前期に引き続き、マンガ、スライドショー、あるいはアニメーション作品を制作してもよい。
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/243320.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}