科目名 インタラクティブメディア応用演習B(Advanced Seminar in Interactive Media B)
担当教員 浅野 耕平
単位数 2
授業区分 必修(クラス分け)
年次配当 3
開講区分 2018年度 後期
科目概要 インタラクティブメディア演習ⅢAで学んだことをふまえ、インタラクティブなデジタル技術の特性を活かしたコンテンツ制作能力を延ばすための指導を、専門別のゼミで行なう。
到達目標 インタラクティブなデジタル技術を用いた、より専門的なコンテンツの企画、作品制作、作品の発信ができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 各制作テーマに沿ってコンセプトの組み立て、設計、制作、発表、ディスカッションをそれぞれの段階で行う。

【後期 制作課題C:】
1.制作課題C ブレインストーミング
2.制作課題C 制作手法調査
3.制作課題C 企画プレゼンテーション
4.制作課題C 制作
5.制作課題C ディスカッション
6.制作課題C プレゼンテーション
7.制作課題C 展示発表

【後期 制作課題D:】
8.制作課題D ブレインストーミング
9.制作課題D 制作手法調査
10.制作課題D 企画プレゼンテーション
11.制作課題D 制作
12.制作課題D ディスカッション
13.制作課題D プレゼンテーション
14.制作課題D 展示発表
15.合同発表
履修上の注意 スケジュールは各自の進捗状況などに応じて、変更する場合がある。
準備学習(予習,復習について) 各自の制作進行に合わせて、演習日以前、以後に、
1.5時間以上を目安とした資料の整理、材料調達、制作を各自行う必要がある。
試験方法 定期試験は行わない。
成績評価方法 制作への取り組み、制作作品を総合的に評価する。
中間発表と、最終成果発表への出席、
それぞれのドキュメンテーションの提出を必須とする。

 
教科書等 特に指定はない。各自の制作に合わせて必要書籍を調達すること。 
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/243321.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}