科目名 インタラクティブメディア応用演習B(Advanced Seminar in Interactive Media B)
担当教員 野口 靖
単位数 2
授業区分 必修(クラス分け)
年次配当 3
開講区分 2018年度 後期
科目概要 インタラクティブメディア演習ⅢAで学んだことをふまえ、インタラクティブなデジタル技術の特性を活かしたコンテンツ制作能力を延ばすための指導を、専門別のゼミで行なう。
到達目標 より専門的な、インタラクティブなデジタル技術を用いたコンテンツの企画、作品制作、作品の発信ができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 後期には、学外のイベントに参加する前提で授業を進めていく(例:Tokyo Designers Week)。openFrameworks実習を行い、平行して学外イベント企画のためのディスカッションを行う。
後半は各自自主的にテーマを設定し、ソフトウェアデザインやインタラクティブアート作品の制作を行う。

1. 学外イベントの企画検討(ディスカッション)
2. openFrameworks実習・学外イベント企画発表
3. openFrameworks実習・ディスカッション
4. 学外展準備
5. 学外展準備
6. 学外展発表
7. 後期作品の企画案プレゼン
ディスカッション
8 個人面談(進路面談含む)
9. リサーチプレゼン
ディスカッション
10. ディスカッション
11. 途中経過プレゼン
12. 個人面談
13. ディスカッション
14. ゼミ内講評
15. 発表会
履修上の注意 授業内でカバーできるのはあくまでも導入部分なので、極力自主的に勉強すること。
準備学習(予習,復習について) 授業内で告知する。
試験方法 課題提出による評価。
成績評価方法 以下の割合で総合評価する。
・平常点(出席率を含む):50%
・課題提出:50%
※出席が 2/3 に満たない場合は、単位を与えない。
教科書等 ・2017年度メディアプログラミング特論
 {http://r-dimension.xsrv.jp/classes_j/2017_processing_2nd_fall/}
・{http://processing.org/}
・Built with Processing デザイン/アートのためのプログラミング入門
・{http://www.openframeworks.cc/}
・Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/243326.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}