科目名 インタラクティブメディア文献研究(Textual Study of Interactive Media)
担当教員 大久保 真道
単位数 4
授業区分 必修(クラス分け)
年次配当 4
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 インタラクティブメディア環境における表現についての文献の蒐集・調査・討論を指導する。
到達目標 インタラクティブメディア領域に関する専門的知識を修得し、その分野と自分の作品に関して論じることができるようなる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 各自、テーマを選んで文献研究をすすめ、定期的にゼミ内にてその成果を報告する。また、レポートを提出する。

前期:
初回 イントロダクション
第2回 関連文献の分析を中心とした資料研究
第3回 関連文献の分析を中心とした資料研究
第4回 関連文献の分析を中心とした資料研究
第4回 関連文献の分析を中心とした資料研究と発表
第6回 関連文献の分析を中心とした資料研究と発表
第7回 関連文献の分析を中心とした資料研究と発表
第8回 中間発表
第9回 映像作品分析を中心とした資料研究
第10回 映像作品分析を中心とした資料研究
第11回 映像作品分析を中心とした資料研究
第12回 映像作品分析を中心とした資料研究
第13回 映像作品分析を中心とした資料研究
第14回 映像作品分析を中心とした資料研究
第15回 前期最終発表、レポート提出

後期:
初回 資料研究内容の自作品への応用:シナリオ
第2回 資料研究内容の自作品への応用:シナリオ
第3回 資料研究内容の自作品への応用:シナリオ
第4回 資料研究内容の自作品への応用:映像表現
第5回 資料研究内容の自作品への応用:映像表現
第6回 資料研究内容の自作品への応用:映像表現
第7回 中間発表
第8回 資料研究と自作品についての考察
第9回 資料研究と自作品についての考察
第10回 資料研究と自作品についての考察
第11回 資料研究と自作品についての考察
第12回 資料研究と自作品についての考察
第13回 資料研究と自作品についての考察
第14回 後期最終発表
第15回 後期最終発表、最終レポート提出

詳細は、ゼミにて説明する。  
履修上の注意 ゼミ参加を重視する。
準備学習(予習,復習について) 準備学習として、指示された作品の視聴や関連資料の調査・検証をすること。
予習として、毎回1時間半程度かけて、授業に関連した作品や文献などを、本学図書館の資料、インターネットや学外から入手できる資料などを調べ、事前の理解を深めることが求められる。復習は、毎回1時間半程度かけて、資料や自分のノートを使い学んだことの定着をはかり、自分の発表やレポートに活用することか?必要て?す。
試験方法 試験は行わない。
成績評価方法 ゼミ内の口頭発表とレポート提出、およびゼミの参加状況を総合的に評価する。
原則として、出席が2/3に達しない場合は、成績評価対象としない。
教科書等 『スクリプトドクターのプレゼンテーション術」(三宅隆太著、スモール出版) \1,600-
その他に、随時、必要資料は配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/244053.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}