科目名 博物館展示論(Museum Exhibition)
担当教員 川根 正教
単位数 2
授業区分 学芸員必修
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 【授業の目的】
博物館における展示は、博物館が行う中心的かつ重要な事業である。展示の意義、展示の実際、展示の解説活動などについての理論や方法を学習し、展示機能に関する基礎的能力を習得することを目的とする。
【授業の概要】
展示は、博物館資料の調査研究の上に成り立っており、その成果をどのような方法で来館者に提示し、資料を介したコミュニケーションを図るかが課題である。本講義では、展示の歴史、展示の諸形態、展示の製作と評価、展示メディアなどに関する知識や技術について解説する。
到達目標 博物館展示の歴史や諸形態についての知識、展示メディアに関する理論や技術、展示による教育活動の方法などを習得し、学芸員としての展示に関する基本的な素養を身につける。
授業内容 科目概要参照
授業計画 (1)ガイダンス、博物館展示論とは
(2)博物館における展示の意義
(3)展示によるコミュニケーション
(4)展示の歴史と変遷
(5)展示の諸形態
(6)展示の計画
(7)展示の実際
(8)展示の視点
(9)展示用備品
(10)展示の照明
(11)展示の見学1-江戸ゾーン
(12)展示の見学2-東京ゾーン
(13)展示の解説活動
(14)展示の評価と改善
(15)補遺と期末テスト
履修上の注意 展示に関する専門的な知識を身につける科目であることから、多くの博物館の展示を見学することをすすめる。
準備学習(予習,復習について) 授業で配布する資料は期末テストにつながるため、必ず復習すること。
試験方法 期末テスト:筆記試験による
成績評価方法 【成績評価対象と基準】
以下の割合で総合評価する。
・期末テスト:100%
*出席が3分の2に満たない場合は、単位を与えない。
教科書等 教科書は特に指定しない。
必要に応じ、授業で資料を配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/296120.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}