科目名 西洋図像学(European Iconography)
担当教員 曽根 幸子
単位数 2
授業区分 学芸員選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 ギリシア神話、聖書のエピソードに親しみ、基本的な西洋美術のイコノグラフィ(図像、図像学)を学ぶ。
到達目標 西洋美術の作品を見て、ギリシア神話やキリスト教関係の主題を読み取り、より深い鑑賞ができる。
授業内容 毎回、主題ごとにどのようなモチーフが描かれ、どのような構成、構図の約束事があるのかを、なるべく多くの具体的作品例をあげ、解説する。さらに、時代による変化および地域による差異を比較し、より深い作品解釈を目指す。
授業計画 (1)図像学について~主題とモチーフ
(2)ヴィーナスの誕生
(3)ヴィーナスと三美神
(4)ゼウスの恋
(5)ディアーナの水浴
(6)アポロンとディオニュソス
(7)聖母像
(8)マリアの生涯
(9)イエスの生涯:(1)エルサレム入城まで
(10)イエスの生涯:(2)パッション
(11)キリスト像
(12)アダムとイヴ
(13)罪の女、運命の女
(14)諸聖人と幻想世界
(15)まとめと試験
履修上の注意 ・初回の授業は履修についてのガイダンスを行うので、かならず出席すること。
・毎回、テーマとなる図像を多数スライドで提示するので、理由のない欠席はしない。
・申し出のない授業中の入退室、携帯電話の使用は禁止。
準備学習(予習,復習について) ・配布されたプリントに目を通しておく。
・日頃から、なるべく美術館、展覧会で実物作品の鑑賞をする。
・復習としては配布資料を参考に授業内容をまとめておく。
・授業で興味を持った作品については、可能な限り画集などで見直す。
試験方法 【試験方法】
・学期末試験:最終授業にて30分程度のスライドを見て答える試験を実施(持ち込み不可)。
【課題作品またはレポート】
・図像をテーマとした課題作品またはレポートの提出。
成績評価方法 ・(1)学期末試験(50%)、(2)課題作品またはレポート(40%)、(3)授業態度(10%)から総合的に判断する。
・出席が2/3に満たない場合は、単位認定はしない。遅刻2回は欠席1回に換算。
・学期末試験未受験または課題未提出の場合は放棄とみなし、成績は0点とします。学期末試験を受験できない特別の理由がある場合は、追試験手続きをとってください。
教科書等 【教科書】
特定の教科書は使わず、毎回資料プリントを配布する。
【参考書】
『ギリシア神話』『聖書』
詳しくは、授業中に紹介する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/296160.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}