科目名 博物館資料論(Museography)
担当教員 金田 雅成
単位数 2
授業区分 学芸員必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 前期
科目概要 [授業の目的]
博物館は、資料を通して過去や現在の人々とコミュニケーションを交わす場である。博物館資料とはどんなものか、どんな歴史があり、どう活用すればよいのかを考え理解を深める。
[授業概要]
人々が生活の中で使用してきた「もの」が、どのように博物館に収蔵され、博物館資料になったのか。その資料はどのように保管され、また展示されているか、また、学芸員はその資料とどうかかわっていくのか、実例を示しながら講義する。
到達目標 ・博物館の役割と博物館資料について基本的な知識を持っている。
・博物館資料の収集、保管、調査研究の方法を知っている。
・博物館資料の活用の意義、展示の方法を知っている。
・博物館資料や文化財を取り巻く現状を知っている。
授業内容 ※ 科目概要参照
授業計画 (1)ガイダンス 博物館資料とは
(2)博物館資料の分類
(3)博物館資料の種類(実物等資料と複製資料)
(4)博物館資料の事故・被災
(5)博物館資料の調査研究
(6)博物館資料の収集
(7)博物館資料の調書
(8)博物館資料の梱包と輸送
(9)博物館資料の登録
(10)博物館資料の保管と整理
(11)博物館資料の保存
(12)博物館資料の修復と製作
(13)博物館資料の活用(展示)
(14)博物館資料の活用(展示以外)
(15)期末テスト
履修上の注意 本講座は博物館学の基礎ともいうべき講座であるため、休まず受講すること。
準備学習(予習,復習について) 予習は、講義中に次回の内容について説明するので、興味のある視点を考え授業に臨むこと。
復習は、講義冒頭に前回講義の要点を確認する。
試験方法 最終の講義日に期末テストを行う。持ち込み可。
成績評価方法 [成績評価対象と基準]
全体を100点として評価する。
(1)平常点(出席率・小テストを含む)50点
(2)期末テスト 50点
 ※ 本講座を、5回以上欠席した場合は単位を認定しない。
教科書等 講義中に適宜プリントを配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/296200.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}