科目名 現代美術批評(Modern Art Criticism)
担当教員 石川 健次
単位数 2
授業区分 学芸員選択
年次配当 2
開講区分 2018年度 後期
科目概要 広く現代美術を視野に、随時、最新のアート情報を盛り込みながら、とりわけ20世紀の多様な絵画表現に焦点を当てて詳述したい。このように書くと難解そうに思うかもしれないが、この授業ではこれまで絵画や彫刻などファインアート系の現代アートに触れる機会のなかった学生も理解が深まるように、平易な解説を心掛けたい。現代アートの軌跡や魅力、そのダイナミズムを、豊富なビジュアル資料とともに振り返りたい。
到達目標 しばしば難解と言われる現代美術(主に20世紀美術)全般にわたる知識と、それら作品を多かれ少なかれ自身の言葉で語ることができるようになる。
授業内容 科目概要、授業計画を参照
授業計画 最初の授業の中で詳述するが、おおむね次のような思潮、動向を柱に検討してゆく展開となる。

1、19世紀までの美術
2、印象派の革新性
3、フォーヴィスム、キュビスムの登場
4、ダダの冒険
5、シュルレアリスムの実験
6、抽象表現主義の席巻
7、前半のまとめ&小論文
8、ポップ・アートの隆盛
9、ミニマル・アート、コンセプチュアル・アート
10、「もの」から「こと」へ~プロジェクト型アートの登場
11、クリスト&ジャンヌ=クロードをめぐって
12、日本の多彩なプロジェクト型アート
13、疾走する村上隆&草間彌生~現代日本の代表的なアーティスト
14、美術の文脈を逸脱し、社会へ積極的に介入するアート~最新のアート
15、まとめ

毎回、難解や退屈とは無縁となるように、いずれも主な作品画像を紹介しながら、なぜその作品が高く評価されているのか、魅力はどこにあるのかなど、分かりやすい解説を交えて振り返りたい。以上のほか、国際展の報告や有意義な展覧会の紹介なども随時盛り込むつもりだ。
履修上の注意 最初の授業のなかで詳述する。
準備学習(予習,復習について) 特に準備する必要はない。ただし、日ごろから美術展に積極的に出かけるなど、さまざまな現代のアートに意欲的に親しむことが望ましい。
試験方法 小論文の形式で行う。
成績評価方法 授業の中で随時実施する簡単な小テストや小論文を評価の対象とする。また、学期末にはまとめを兼ねた小論文、あるいはレポートを実施し、評価の対象に加える。さらに、授業の中で随時行なうディスカッションなどへの積極的な取り組みを高く評価する。
教科書等 指定しない。随時、必要に応じてレジメを配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/296230.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}