科目名 博物館資料保存論(Museum Conservation of Object)
担当教員 大貫 英明
単位数 2
授業区分 学芸員必修
年次配当 2
開講区分 2018年度 前期
科目概要 学芸員に必要な博物館資料の保存について、基本的な考え方及び知識を修得する。
到達目標 ・博物館資料保存の基本的な事項を説明できる。
・博物館資料の保存を実践できるスキルを身に付けている。
・博物館の社会的役割から資料を保存する意義を理解している。
授業内容 受け身の学習だけでなく、自分の考えを他者に伝えるなど主体的な学習とするためグループ討議や発表を行う。
授業計画 01 ガイダンス 博物館機能と資料保存の意義
02 博物館資料の保存環境(温度と湿度)
03 博物館資料の保存環境(光と空気汚染)
04 博物館資料の生物被害
05 博物館資料に及ぼす人的被害
06 文化遺産の伝統的保存法 演習(グループ討議)
07 博物館資料とIPM
08 博物館資料の科学的調査
09 博物館資料の保存修理
10 博物館資料の移動と保存法
11 博物館資料と災害
12 文化遺産の保存・継承と博物館
13 ICOMの倫理規定と博物館資料
14 エコミュージアムと博物館資料
15 総括 演習(グループ討議) 博物館と資料保存の課題
履修上の注意 グループ討議では、机や椅子を移動するなど準備と片づけをお願いする。
準備学習(予習,復習について) 毎回復習と次回の予習を指示する。要する時間は120分以内。
試験方法 授業時にテストを行う。詳細は初回の授業で案内する。結果はその都度解説する。
成績評価方法 全体を100点として評価する。テストを60%、予習や復習に対するコメントと演習時の積極的な発言を40%。
教科書等 教科書は用いず、講義資料はその都度配布する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/296250.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_art/}