科目名 近世日本美術史特論(Advanced Lectures on History of Modern Japanese Art)
担当教員 石川 健次
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 近世、特に江戸時代の日本美術を概観しつつ、主に狩野派、琳派、浮世絵を中心に基礎から応用まで論じる。
到達目標 江戸時代の美術の概略を理解し、説明できる。
江戸時代の美術を理解するため、それ以前の日本美術の特質と様式について要点を理解し、説明できる。
江戸時代の代表的な様式、流派である狩野派、琳派、浮世絵の概略を理解し、それらの代表的な作家、造形的特質を説明できる。
授業内容 ※科目概要参照 
授業計画 (1)ガイダンス
(2)近世日本美術史前史①~≪鳥獣人物戯画≫をめぐって
(3)近世日本美術史前史②~≪源氏物語絵巻≫をめぐって
(4)近世日本美術史前史②~雪舟をめぐって
(5)江戸画壇の成立と展開①~狩野派の支配
(6)江戸画壇の成立と展開②~狩野派の功罪
(7)近世陶芸の世界~磁器の生産から仁清陶、そして乾山と京焼
(8)江戸の装飾美~琳派①
(9)江戸の装飾美~琳派②
(10)江戸の装飾美~琳派③
(11)浮世絵の世界①~「憂世」と「浮世」、そして錦絵の成立
(12)浮世絵の世界③~喜多川歌麿
(13)浮世絵の世界④~葛飾北斎
(14)浮世絵の世界⑤~歌川広重
(15)まとめ
履修上の注意 最初のガイダンスには必ず参加してください。日本美術史を初めて学ぶという人に入門編的なカリキュラムを提供する一方、より深い内容へと少しずつステップアップします。美術史には関心がなかった、あるいは不得手という人も積極的に参加してください。日本美術に通底する特質を掘り下げることは、これからの作品制作のために役立つ多大なヒントや示唆を得る機会ともなるでしょう。
準備学習(予習,復習について) 予習、復習は特に要求はしません。それぞれの関心、理解度に応じて自発的な学習を期待します。
試験方法 定期試験はありません。評価は、授業に取り組む姿勢、授業中の発言、理解度を知るために随時行う小論文等を対象とします。
成績評価方法 「試験方法」でも示したように、試験は行わず、授業への取り組み方や随時行う小論文などを通して総合的に判断する。授業中、ディスカッションなど発言の機会を多く設け、その内容を重視する。
教科書等 教科書は使いません。必要に応じてレジメ、プリントを配布します。
備考 浮世絵を中心に詳細に論じる「芸術史特論演習Ⅰ」(後期開講)を受講する学生は、その前提として受講するのが望ましい。


ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/501030.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}