科目名 音楽学特論(Advanced Lectures on Musicolosy)
担当教員 高橋 智子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 「音」と「音楽」をめぐるテキストや批評を読み解きながら、そこで語られていることの意味、音楽学的背景や知識について概説し、引用されている音楽を聴いていく。
各テキストにひとり担当者を決め、問題提起をした上で、参加者それぞれの専門的立場を活かして議論をする。必要に応じて基本的な音楽理論、楽譜の読み方を教員が解説する。
到達目標 音楽を広い人間活動のひとつとしてとらえ、自分の問題として「音楽とは何か」について考え、議論し、理解し、言葉にまとめることができる。
授業内容 音楽にまつわる基本的な概念、歴史的に重要な楽曲、音楽家の言説にかんするテキストを読み、作品を鑑賞する。講義、議論、履修者によるプレゼンテーションを繰り返すことによって、音と音楽についての美学的思考法を身につける。
授業計画 1.イントロダクション:テーマについて、この授業の進め方
(下記の計画は履修者の人数や専攻によって柔軟に変更する)
2. 音と音楽の美学(1)様々な音
3. 音と音楽の美学(2)音楽と声
4. 音と音楽の美学(3)音楽と表現(音楽の自律性と他律性)
5. 音と音楽の美学(4)音楽作品
6. 音と音楽の美学(5)音楽と感情
7. 音と音楽の美学(6)音楽における反復
8. 体験としての音楽(1)音楽の聴取
9. 体験としての音楽(2)音楽の時間と空間
10. 体験としての音楽(3)「出来事」としての音楽
11. 音楽の仕組み(1)音楽と秩序
12. 音楽の仕組み(2)旋律と和声
13. 音楽の仕組み(3)音楽形式と物語構造
14. 音楽の仕組み(4)様々な楽器と音色
15. まとめと講評 

履修上の注意 音楽的知識や経験は問わないが、音楽に対する好奇心を持っていることが望ましい。
準備学習(予習,復習について) テーマに応じてテキストを配付する。配布されたテキストにはあらかじめ必ず目を通しておくこと。
プレゼンテーション担当者は事前準備をしっかり行ったうえで臨むこと。
試験方法 授業内発表とレポート
成績評価方法 授業内での積極性、担当部分の発表、および学期末レポートで評価する。
教科書等 (参考書)
国安洋『音楽美学入門』春秋社、1981年。2000円+税。
ハンス・ウルリッヒ・オブリスト『ミュージック 「現代音楽」をつくった作曲家たち』フィルムアート社、2015年。2808円。
アラン・リクト、 ジム・オルーク『サウンドアート ──音楽の向こう側、耳と目の間』木幡 和枝 監修、フィルムアート社、2010年。2,700円+税
白石美雪(編著)、横井雅子、宮澤淳一『音楽論』武蔵野美術大学出版局、2016年。2700円+税

その他授業内で指示する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/501070.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}