科目名 写真表現特論演習III(Seminar in Photographic Representation III)
担当教員 広川 泰士
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 後期
科目概要 撮影法やプリント技術などの様々な写真表現に関する技術を体験させ.それぞれの描写についてより深く理解させるとともに.学生は各自の表現に応用できるよう教授する。
到達目標 様々な写真の表現技法や手法の描写を理解し.各自の作品制作に応用できる。
授業内容 科目概要参照
授業計画 1.ガイダンス
2.モノクロシステムの意義
3.写大ギャラリーコレクション作品の鑑賞
4.写大ギャラリーコレクション作品の研究
5.モノクロ写真制作(プリント)
6.モノクロ写真制作(大判カメラでの撮影)
7.作品講評
8.写真家.写真研究者の選択
9.写真家の作品.思想の分析
10.写真研究者論文調査
11.各自の作品研究への取り組み(制作計画)
12.各自の作品研究への取り組み(撮影)
13.各自の作品研究への取り組み(プリント)
14.作品研究発表
15.まとめ
履修上の注意 1.モノクロ写真の処理.プリントまでを経験したことのある学生
2.ディスカッションでは全員が積極的に発言し.演習を実りあるものにして欲しい。
3.ディスカッションの後では.各自が議論の流れを整理し.まとめをすること。
4.無断で遅刻欠席しないこと。

準備学習(予習,復習について) 前週の授業において予習内容を予め提示する。
試験方法 課題とプレゼンテーションを試験とする。
成績評価方法 課題レポートとプレゼンテーションで100点満点とする。
教科書等 必要に応じて授業内で提示する。
備考