科目名 写真表現特論演習II(Seminar in Photographic Representation II)
担当教員 吉野 弘章
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 写真を社会的に機能させるための技術についての具体的な知識と手法を解説しながら、写真作品制作の指導を行う。
到達目標 写真を社会的に機能させる様々な理論と表現技術を理解し、各自の制作に応用できる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1. ガイダンス
2. 現代写真研究I(構築的写真)
3. 現代写真研究II(社会的写真)
4. 現代写真研究III(記録的写真)
5. 現代写真研究IV(私的写真)
6. ディスカッションI(イメージの構築)
7. ディスカッションII(イメージの分解)
8. プレゼンテーションI(技法)
9. プレゼンテーションII(準備)
10. 中間発表
11. ディスカッションIII(イメージの連携)
12. ディスカッションIV(イメージの比喩)
13. プレゼンテーションIII(編集)
14. プレゼンテーションIV(構成)
15. まとめ
履修上の注意 履修に当たっては、写真史および写真技術についての基礎的な知識を修得している必要がある。
また、課題として写真作品の提出を求めるので、写真作品の制作実績および写真作品の制作環境を有している必要がある。
準備学習(予習,復習について) 授業の中で取り上げた資料、展覧会等については、次の授業までに必ず目を通しておくこと。また、事前に資料、展覧会等を見ておくことを指示する場合もある。 
試験方法 記述試験は実施しない。授業内に受講者各自によるプレゼンテーションを実施し、口頭による試験を行う。
成績評価方法 授業への取り組み状況(50%)と課題(50%)により評価する。 
教科書等 教科書は特に使用しない。参考図書などについては授業中に適宜指示する。 
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/511080.pdf}