科目名 映像表現特論演習II(Seminar on Image Arts and Sciences II)
担当教員 大津 はつね
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 後期
科目概要 映像造形表現について考え、各自の表現の完成度を高め、実践します。
到達目標 高度な映像造形力を身につけ、テーマに基づいて映像制作ができる。
授業内容 映像制作とそれに伴う進捗発表を毎回行う。
授業計画 1. 自らのテーマ設定を行い制作を行う。
2. プレゼンテーション
3. 課題制作-1 企画案検討
4. 課題制作-2 企画案検討修正
5. 課題制作-3 企画案の書面化
6. 課題制作-4 テスト撮影
7. 課題制作-5 撮影準備
8. 課題制作-6 撮影準備
9. 課題制作-7 撮影
10. 課題制作-8 仮編集
11. 課題制作-9 編集
12. 課題制作-10 編集
13. 課題制作-11 修正
14. 課題制作-12 講評
15. まとめプレゼンテーション
履修上の注意 各自の研究テーマ設定を深く掘り下げる為に
調査を実践する事。
「制作ノート」を作成し各課題について論述すること。
準備学習(予習,復習について) 演習授業のため各人の準備、調査、実験を行うこと。
試験方法 制作物、進行状況によって評価する。
成績評価方法 課題の制作計画・制作進行の状況とその成果によって評価する。
教科書等 随時指示。
備考 各自の制作内容によって授業外の時間も確保する事が必要になる。
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/521130.pdf}