科目名 映像表現特論III(Study on Imaging Arts and Sciences III)
担当教員 山川 直人
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 様々な映像作品の中から、共通する映像表現手法を抽出し、演出とその効果、感情やメッセージの伝達力を探求していきます。実際の映像を見ながら、その印象やその印象や効果を確認しつつ進めていきます。最後に、受講者自身が関心ある表現方法について、実例を集め、、それを提示しながらその演出効果について発表してもらいます。
到達目標 効果的な映像表現手法についての事例を説明できる。
作り手がどのような考えで特定の表現手段を選ぶのか推察し、説明することができる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1.映画における手法
2.ドラマにおける手法
3.ドキュメンタリーにおける手法
4.情報・バラエティ番組における手法
5.CMにおける手法
6.PVにおける手法
7.設定的な共通手法
8.キャメラワーク的な共通手法
9.カットの長短による共通手法
10.カットの組み合わせによる共通手法
11.カットバック、フラッシュバック等の錯時法的手法
12.受講生による実例発表1
13.受講生による実例発表2
14.受講生による実例発表3
15.まとめ
履修上の注意 授業の意図、目的、方向性をよく理解して、受講すること。
準備学習(予習,復習について) 随時、参照すべき文献、作品等を紹介するので、それを精読、鑑賞しておくこと。 
試験方法 試験はありません。
成績評価方法 平常点、授業態度、および発表内容の総合点で成績評価します。
教科書等 特にありません。随時必要な資料等は配布します。
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/521140.pdf}