科目名 映像表現特論演習III(Seminar on Image Arts and Sciences III)
担当教員 山川 直人
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 後期
科目概要 ビデオ制作特論で扱った映像伝達手法を使ってシナリオを書き、実際に撮影、編集をし、演出とその効果、感情やメッセージの伝達力等探求していきます。同じシナリオで違った撮り方を試したり、同じ撮影をしたショットで違う編集を試したりしながら、何が効果的なのかを探っていきます。
到達目標 効果的な映像表現手法についての事例を実践し、応用できる。
作り手がどのような考えで特定の表現手段を選ぶのかの推察が的確になり、説明することができる。
授業内容 ※科目概要を参照
授業計画 1.企画提出
2.企画検討
3.企画決定
4.シナリオ提出
5.シナリオ検討
6.シナリオ決定
7.スタッフィング
8.キャスティング
9.プリプロダクション
10.カット割り、画コンテ
11.撮影
12.編集
13.編集
14.MA
15.講評
履修上の注意 授業の意図、目的、方向性をよく理解して、受講すること。
準備学習(予習,復習について) 随時、参照すべき文献、作品等を紹介するので、それを精読、鑑賞しておくこと。
試験方法 試験はありません。
成績評価方法 平常点、授業態度、および作品の総合点で成績評価します。
教科書等 特にありません。随時必要な資料等は配布します。
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/521150.pdf}