科目名 イラストレーション特論I(Advanced Lectures on Illustration I Advanced Lectures on Illustration I)
担当教員 谷口 広樹
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 この授業では、デザインというフィールドの中で展開される「絵」についてを考察していきます。ここでいう「絵」とは、ファインアートで制作されたものも含みます。どんな絵も目的を持ってメディアの中で使用されればイラストレーションということになります。デザインという世界の中で「絵」はどのように扱われ、展開して行くのか。その役割や種類、表現の仕方、され方などをみなさんと一緒に考察していきます。
到達目標 用の美としての「絵」の考え方を比較・考察することで、逆にファインアートなど他のジャンルも含めた総合的に「絵」とは何かを理解し説明できる。
授業内容 社会の中で実際に存在する絵を扱った仕事を事例として用い、授業を展開していく。
論じ、考察し、討論をしということを繰り返し進め、社会において絵がどう活き、活かされているかを検討して行く。必要に応じて実際に学外へ出かけ、フィールドワークをしたり、美術館やギャラりーを巡ったりということも考えている。
授業計画 1.ガイダンス
2.各自作品発表(自己紹介)
3.問題提起
4.自己分析
5.内側としてのプレゼンテーション
6.個人的な思想
7.社会的な思想
8.フィールドワーク(デザイン)
9.具体的な考察
10.内と外との中間地点のプレゼンテーション
11.インターナショナルな考察
12.ナショナルな考察
13.フィールドワーク(美術)
14.妄想的な思考
15.外側としてのプレゼンテーション
履修上の注意 特になし
準備学習(予習,復習について) 特になし
試験方法 レポートを課す
成績評価方法 授業への関わり方、およびレポートとの総合評価による
教科書等 特になし
備考