科目名 空間デザイン特論(Advanced Lectures on Space Design)
担当教員 杉下 哲
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 空間デザインの概念や意味などは様々である。
ここでは、人や生活、社会などにおける空間デザインの在り方を基本に、様々な専門分野に関わる展示を中心として、計画の進め方を道具・装置、照明なども含めて解説する。
到達目標 空間デザインの取り組み方、考え方、行い方を理解する。
特には、多様な対象を見極め、相互に関係付ける力を養う。
それらを通じて各自の問題意識や課題の発見、解決方法などに活かす。表現活動の新たな視点などを発見する。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1.オリエンテーション、基本事項の確認
2.空間デザインの変遷1(近代まで)の解説と討議
3.空間デザインの変遷2(現代)の解説と討議
4.空間デザインと人に関わる解説と討議
5.空間デザインと生活に関わる解説と討議
6.空間デザインと社会に関わる解説と討議
7.空間デザインの計画・設計1(プロセス等)の解説と討議
8.空間デザインの計画・設計2(コンセプト等)の解説と討議
9.道具・装置デザインの解説と討議
10.道具・装置デザインの方法の解説と討議
11.道具・装置デザインの技術の解説と討議
12.照明デザインの解説と討議
13.照明デザインの方法の解説と討議
14.照明デザインの技術の解説と討議
15.まとめ
履修上の注意 「空間デザイン特論演習」と連携する。
準備学習(予習,復習について) 授業で伝えるテーマや配布する資料などで予習・復習して理解を深める。
試験方法 指定課題のレポート提出による。
成績評価方法 指定課題のレポート及び授業態度で総合評価する。
教科書等 特に定めないが、参考図書は随時提示する。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/531050.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}