科目名 イラストレーション特論演習I(Seminar in Illustration I Seminar in Illustration I)
担当教員 谷口 広樹
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 後期
科目概要 デザイン表現の中における絵とはイラストレーションのことを言います。
でも、ここではイラストレーションに限らず「絵」全般についてを扱います。
特にデザインというフィールドにおいて成立する「絵」にはどういう表現があるのか、考察し、自分自身のオリジナリティにつなげる表現を探求し、実際に制作をしていただきます。
アナログやデジタルといったことに囚われず、最終的に落とし込むメディアやメディアを意識する以前のことも含めて絵についての考察をしながら制作をします。
到達目標 課題を課し、上記のことを踏まえながら制作することでデザイン的な絵の取り組み方を学び、課題において表現することができる。
授業内容 デザインにおいても表現ということは存在する。メディアの中にあり、メディアを駆使するデザインというフィールドにおけるクリエイションを今となってはアナログ的な手法に近いものとなってしまった版画表現の中で探り、頭と身体で理解して行く。
授業計画 1.ガイダンス
2.レクチャー
3.フィールドワーク
4.中間チェック
5.版画技法A-1(直接的な方法で版を作る)
6.版画技法A-2(与える、加えることの意味)
7.版画技法B-1(間接的な方法で版を作る)
8.版画技法B-2(個を超えた方法論)
9.版画技法B-3(本刷り)
10.版画技法C-1(デザイン的な手法で版を作る)
11.版画技法C-2(ニュアンスの排除)
12.版画技法C-3(simplifyとcomplicationを考察する)
13.版画技法C-4(ニュアンスの考察)
14.版画技法C-5(本刷り)
15.プレゼンテーション
履修上の注意 原則として谷口の研究室生が受講可能。
他研究室の学生が受講を希望する場合は、指定された期間内に教務課に「特別履修願」を提出。ふさわしいと判断した学生を受け入れる。
準備学習(予習,復習について) 特になし
試験方法 試験は実施しない
成績評価方法 授業への関わり方、および課題作品の採点による総合評価
教科書等 特になし
備考