科目名 グラフィックデザイン特論演習(Seminar in Graphic Design)
担当教員 照沼 太佳子
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期
科目概要 ブランディングの作品制作を行います。他にない差別化、物語性を確立し、ふさわしい制作アイテムおよびデザインテーストを選択し、グラフィックデザイン表現を実践していきます。 
到達目標 独自性のある研究テーマを設定し、新しいデザイン表現を創ることができる。 
授業内容 他との差異が明確な商品またはサービスを立案し、ネーミングから、ロゴ制作、ブランドに必要なデザインアイテムを制作していく。授業中に、Ciおよびブランディングについて学び、またすでに自身が保持しているグラフィックデザインの基礎的なスキルについて、「復習」の意味の確認作業も行っていく。 
授業計画 1) ガイダンス・教員の自己紹介
2) 展覧会鑑賞
3) 講義:CIおよびブランディングについて
4) 制作課題のテーマ案を発表/講評
5) 制作アイテムおよびデザインテーストの決定
6) 作品の途中経過発表/講評
7) 作品の途中経過発表/講評
8) 作品の途中経過発表/講評
9) 作品の途中経過発表/講評
10)作品の途中経過発表/講評
11) 作品の途中経過発表/講評
12) 作品の途中経過発表/講評
13) 作品の途中経過発表/講評
14)作品の途中経過発表/講評
15) 作品プレゼンテーション・提出/授業まとめ 
履修上の注意 必要なデザイン制作を行ってくる。 
準備学習(予習,復習について) 授業内で提示された準備制作を必ず行なってくる。 
試験方法 業への制作の姿勢と、講評による必要な修正、また作品の最終の提出を試験とする。
成績評価方法 全体を100点として、評価する。評価においては授業毎回の途中経過を重視し、積極的な参加姿勢や授業内の指導が反映されたかを見る。また制作のアイテム数などの充実に重きを置く。
教科書等 必要によってプリントなどを配布する。  
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/531140.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}