科目名 空間デザイン特論演習(Seminar in Space Design)
担当教員 杉下 哲
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 空間デザインの概念や意味などは様々である。
ここでは、様々な専門分野に関わる展示などを中心として、具体的なデザイン提案を行う演習課題を課す。
到達目標 空間デザインの、概念設定から詳細設計など、具体的な進め方を理解する。
特には、多様な対象を見極め、相互に関係付ける力を養う。
それらを通じて各自の、新たな展開の可能性を深める。表現活動の巾を広げる。
授業内容 ※科目概要参照
授業計画 1.オリエンテーション、基本事項の確認、課題1の解説
2.調査・前提条件の報告と討議
3.テーマ・コンセプトの報告と討議
4.プランニングの報告と討議
5.デザインの報告と討議
6.プレゼンテーション、講評
7.課題2の解説
8.調査・前提条件の報告と討議
9.テーマの報告と討議
10.コンセプト設定の報告と討議
11.プランニングの報告と討議
12.概略デザインの報告と討議
13.詳細デザインの報告と討議
14.プレゼンテーション準備の報告と討議
15.プレゼンテーション、講評
履修上の注意 「空間デザイン特論」と連携する。
準備学習(予習,復習について) 授業で伝えるテーマや配布する資料などで予習・復習して理解を深める。
試験方法 指定課題作品のプレゼンテーションと提出による。
成績評価方法 指定課題作品及び授業態度で総合評価する。
教科書等 特に定めないが、参考図書は随時提示する。
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/531150.pdf}