科目名 デジタルシステム特論(Advanced Lectures on Digital System)
担当教員 石原 尚始
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 前期
科目概要 コンピュータを使った芸術や娯楽作品を、音楽を通して論じ、分析を行う。具体的な作品を通して、芸術とはそもそも何か、何故コンピュータを用いて表現するのか等を説明する。
到達目標 ・映像作品における音楽がどのようなものか説明できる。
・ゲームにおける音楽がどのようなものか説明できる。
・基本的な音楽の制作方法の仕組みが理解できる。
・センサーの仕組みや使い方が理解できる。・最近の芸術作品のコンセプトや目標が理解できる。
授業内容 コンピュータを使った芸術や娯楽作品を、音楽を通して論じ、分析を行う。具体的な作品を通して、芸術とはそもそも何か、何故コンピュータを用いて表現するのか等を説明する。
授業計画 1. 芸術と娯楽作品(1) 芸術における歴史の重要さとコンピュータの関わり
2. 芸術と娯楽作品(2) 感情に訴える作品とは何か
3. ゲームのなかの音楽(1) BGM や効果音など音のレイヤーについての説明
4. ゲームのなかの音楽(2) コンシューマとPC ゲームの違い
5. コンピュータとセンサーとIoT とクラウド連携の概要
6. センサーを使った表現方法(1) 組み込みコンピュータとセンサーの概要
7. センサーを使った表現方法(2) 関連する作品の説明
8. センサーを使った表現方法(3) 具体的なセンサーの紹介
9. 音楽制作について(1) シンセサイザーとMIDI
10. 音楽制作について(2) テープ音楽からWAV ファイルを組み合わせたサンプリング音楽
11. 音楽制作について(3) デジタルシステムを使った録音(DAW)
12. 音楽制作について(4) 音楽向けプログラミング言語(Max/MSP とSuper Collider)
13. 眠くならないクラシック音楽の歴史(戦争と金と音楽)
14. 眠くならない20世紀以降の音楽(クラシックを超えるために現代音楽作曲家は何を考えたか)
15. 細分化されたコンピュータを使った芸術
履修上の注意 特に無し。
準備学習(予習,復習について) 予習は必要ありませんが、復習として授業で説明するサイトを調べておくと事をお勧めします。
試験方法 全体を100点として評価する。 (1)中間レポートの提出(40点) (2)期末レポート(60点) (3)出席が 2/3 に満たない場合は、単位認定はしない。
成績評価方法 中間レポートは、自分のやりたいゲームやセンサーを使ったアイデアをまとめる。期末レポートは、最近の芸術作品の動向を踏まえて自分のやりたい事をアイデアとしてまとめる。両レポートとも具体的な作品があれば更に加点します(プロトタイプやモックでも良い)。
教科書等 教科書: 無し
配付資料: 無し
備考