科目名 アニメーション表現特論演習I(Seminar in Expression of Animation I)
担当教員 三善 和彦
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2018年度 前期~後期
科目概要 明確なテーマを持ったアニメーション作品の制作指導を行う。
到達目標 自らが設定したテーマに基づいて、アニメーション作品の企画・完成・発表を行うことができる。
授業内容 ここで求めるものは作品制作なので、経過報告とそれへの個別指導が中心となる。
授業計画 1.)企画プレゼンテーション
2.)資料収集・イメージボード・設定デザイン
3.)シナリオ制作
4.)シナリオ完成・絵コンテ制作
5.)絵コンテ完成
6.)レイアウト
7.)中間報告発表 講評
8.)作画・美術背景1
9.)作画・美術背景2
10.)彩色・仕上げ
11.)撮影・エフェクト
12.)サウンド制作・編集
13.)完成前チェック・リテイク出し
14.)リテイク作業
15.)完成・成果発表・講評
履修上の注意 制作に必要なスキルは、予め身に付いていることが前提。
その上で、出来ると分かっていることの少し先に到達目標を置くこと。
修了制作へ向けたステップアップに繋げるべく、計画的に作業を進め、何よりも作品を「完成させる」ことが必須。
準備学習(予習,復習について) 予習・復習という言葉には該当しないが、作品制作には授業時間内も時間外もない。言う迄も無いが、常に作品へのモチベーションを維持することが必要である。
試験方法 作品制作への取り組み姿勢と完成作品への評価がポイントであり、通常の意味での試験はない。
成績評価方法 成果報告会での作品発表、及びプレゼンを経た上で、作品制作への取り組み姿勢や作品の完成度を総合的に判断して採点する。
教科書等 特に無し。
備考
ルーブリック{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2018art/551000.pdf}
卒業認定・学位授与の方針と当該授業科目の関連
{http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/curriculum_graduateart/}