科目名 アニメーション研究特論I(Advanced Lectures on Animation Studies I)
担当教員 陶山 恵
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 後期
科目概要 アニメーションという表現技術が生み出してきた作品群の中から、多様な視点を設定して作品を選出し、その表現の工夫や史的概観に基づく意義などを検討する。アニメーション作品に対する理解を深め、考察を進めるための基礎力を養う。
到達目標 日本におけるアニメーションの史的発展に対する基礎知識を理解し、様々な作品に対して専門的考察を加え、説明することができる。
授業内容 受講者それぞれの興味関心に基づいた作品の選出を行い、その作品に対する研究的考察を進める。
作品の参考視聴と同時に、その作品を史的概観に基づいて位置づけし、技術の工夫や表現内容の特性、個性を検討し、周辺に関連する作品群に対する考察も同時に広げていく。
授業計画 1.イントロダクション
2.日本のアニメーション作品の現状
3.考察対象作品の選出(1)
4.考察対象作品の選出(2)
5.作品の参考視聴(1)
6.参考作品の検討(1)
7.作品の参考視聴(2)
8.参考作品の検討(2)
9.作品の参考視聴(3)
10.参考作品の検討(3)
11.事例研究報告(1)
12.事例研究報告(2)
13.事例研究報告(3)
14.事例研究報告(4)
15.総括
履修上の注意 受講生に、この分野に対する各自の関心に基づいた事例研究報告を行ってもらいます。
履修にあたり、自分の眼で観て、感じて、考えるという積極的な授業参加を求めます。
準備学習(予習,復習について) 授業以外の時間での意識的な作品鑑賞、事例研究報告に対する準備を予習とします。
補助プリントなどの見直しながら各回の授業内容を確認し、知識をまとめることを復習とします。
試験方法 期末にレポート提出。
成績評価方法 【成績対象と基準】
期末レポート(各自の事例研究報告について)の提出を課す。
出席が2/3に満たない場合は、単位認定はしない。
レポートの評価と平常点により全体を100点として評価する。
教科書等 書籍は適宜指示する。テキスト、資料を必要に応じて配布する。
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/551020.pdf}