科目名 アニメーション研究特論II(Advanced Lectures on Animation Studies II)
担当教員 権藤 俊司
単位数 2
授業区分 選択
年次配当 1
開講区分 2017年度 後期
科目概要 大学院における研究活動には、より広汎な視野の獲得が必須である。その意味で、日本の商業アニメーションとは異なるモードのアニメーションを知ることは大きな意義がある。この授業では主として海外アニメーションの中から歴史的・美学的に重要な作家を取り上げ、その主題や表現について検証する。
到達目標 様々なタイプのアニメーション作品について、他ジャンルとの関連、歴史的文脈、表現メディアの特性等、多角的なアプローチから読み解き、説明することができる。
授業内容 各作家が活動した時代や環境を踏まえて、代表作を視聴し、その特質を考察する。
授業計画 1. イントロダクション
2. フライシャー兄弟
3. テックス・アヴェリー
4. ジョン・ハブリー
5. ポール・グリモー
6. ラディスラフ・スタレヴィッチ
7. イジー・トルンカ
8. カレル・ゼマン
9. ヤン・シュヴァンクマイエル
10. ユーリー・ノルシュテイン
11. ルネ・ラルー
12. ラウル・セルヴェ
13. 大藤信郎
14. 岡本忠成
15. 総括
履修上の注意 与えられたテーマに関する事例報告をしてもらうことがあるので、そのための事前調査が必要(ただし、毎回ではない)。
準備学習(予習,復習について) また、毎回参考文献や参考映像を紹介するので、授業後に図書館等を有効利用して理解を深めること。
試験方法 実施しない。
成績評価方法 期末レポートおよび授業内の発表・発言等を総合的に評価する。
教科書等 書籍は適宜指示する。テキスト、資料を必要に応じて配布する。
備考
ルーブリック {http://www.t-kougei.ac.jp/student/kyoumu/rubric/2017art/551030.pdf}